Home

スポットライト映画感想

再びガラベディアンの元を訪ねたマイクは、スポットライトで記事になれば多くの人々の目に触れると熱弁します。 その後、ガラベディアンは被害者のパトリックを紹介してくれました。今では家庭を持っているパトリックは、少年時代に起きたことは家族にも話していないと言います。 ろくでなしの父親と統合失調症の母親の元で育った彼は、12歳のときにゲーガン神父に出会いました。神父に車で連れ出されたパトリックは突然行為を迫られ、それ以降虐待は何度も繰り返されたと語ります。 パトリックは現在も腕に注射跡が残るような生活を送っていました。話したことを実名で記載する代わりに、必ず神父を捕まえてほしいと伝えて、彼はその場を去りました。 パトリックは生きているのでまだ幸運な方だと、ガラベディアンはマイクに告げます。 アルメニア移民であるガラベディアンは、自分やマーティが教会の悪事に立ち向かえるのは、よそ者だからだと分析します。 そして事件に関わるうちに、子どもを育てる者は虐待もするという教訓を得たと語るのでした。 被害者へのインタビューをおこなうサーシャは、ジョー・クロウリーに会いに行きました。 ジョーもまた問題のある家庭に育ち、集会へ行ったときに出会ったのがシャンリー神父でした。 ジョーは幼少期からゲイであることを誰にも打ち明けられずに悩んでおり、神父だけが本当の自分を受け入れてくれたのだと喜びを感じたと話します。 しかし、あるとき神父に服を脱ぐゲームを持ちかけられ、その後どんなに辛いことを要求されても従ってしまったのだと、涙ながらに語りました。 ジョーはサヴィアノたちと共に、弁護士へ依頼しようとしたことがありました。そのときの弁護士からは、手続きが複雑で賠償金も極めて少ないと訴えを退けられたのです。 その弁護士というのは、サーシャも面識のあるマクリーシュでした。 本来であれば原告側に立ち、教会に賠償させる役割であるはずのマクリーシュは、数多くの虐待事件を示談にしてきました。 そして教会と秘密保持契約を結び、示談金の3割を受け取っていました。このため、ガラベディアンはゲーガン事件を広告代わりにして裁判を起こしたのです。 それに気づいたスポットライトチームは、事件の解明のために邁進するのでした。 ロビーは知人のピート・コンリーに連れられて、カトリックが主催する慈善パーティーに出席しました。 マ. スポットライト映画感想 映画のラストで描かれたように、年1月はじめてスポットライトの告発記事が出てから、その後600本近い虐待記事を掲載。249人の神父を告発し被害者数は推定1000人以上にのぼります。 この記事の後、虐待が判明した都市も膨大な数に上り、アメリカだけではなく世界的な騒動へ発展したのはご存じの通りです。「ボストン・グローブ」はこの報道によりピューリッツァー賞を受賞しました。 この問題に光を照らしたスポットライトチームとボストングローブに心から敬意を表したいと思います。また映画「スポットライト 世紀のスクープ」の功績も讃えたいです。 ジャーナリストって仕事はなんか羨ましいなあ。良い映画でした!. ). 『スポットライト 世紀のスクープ(Spotlight)』とは、年に「ボストン・グローブ(The スポットライト映画感想 Boston Globe)」 スポットライト映画感想 紙に掲載されたカトリック神父による子どもたちへの虐待をスクープした大事件を映画化した社会派作品。. 「スポットライト 世紀のスクープ」に関するTwitterユーザーの感想。満足度86%。総ツイート9,496件。年1月、米国の新聞「ボストン・グローブ紙」が、カトリック教会の信じがたい実態を報じた。.

今年度のアカデミー賞受賞、トム・マッカーシー監督の「スポットライト 世紀のスクープ(原題:Spotlight)です。 カトリック教の神父による児童の性的虐待の隠蔽を、ボストンの新聞社スポットライトが暴くという、実際に起こった事件を基にした話です。. 今日の映画感想は『スポットライト 世紀のスクープ』です。 個人的お気に入り度:7/10 一言感想:言葉にするのは、辛い あらすじ ボストン・グローブ紙のマイク・レゼデンス(マーク・ラファロ)たちによる. 映画感想「殺人者にスポットライト」 「殺人者にスポットライト」 ゴーモン映画社特集の一本なのですが、なんともB級の塊のようなサスペンスで、何が何か物語の整理がついてこないし、なんでこんなシーンがあるのかわからないし、結局、何度か意識を. スポットライト 世紀のスクープ 評価と感想/有名俳優出てますがインディペンデント映画で頑張った.

「スポットライト 世紀のスクープ」に関するTwitterユーザーの感想。満足度86%。総ツイート9,493件。年1月、米国の新聞「ボストン・グローブ紙」が、カトリック教会の信じがたい実態を報じた。. スポットライト 世紀のスクープの映画レビューを投稿する 実話 (投稿日:年9月15日) 私にとっては、あーこんな話聞いたことあるなという程度しか記憶にない事件だったのですが大変な事だったんですね。. 08 【夫婦円満の秘訣】家事をしない男は「統計的差別」をしている. 映画『スポットライト 世紀のスクープ』の感想と評価 (C) SPOTLIGHT FILM, LLC カトリック教会の神父による児童虐待を、ボストンの地方紙がスクープしたという実話を元に映画化した本作『スポットライト 世紀のスクープ』。. See full list on eiganotomo. この先はネタバレありの感想考察です。他の映画はおすすめ映画ジャンル別も参考にしてください。 私の評価 ★★★★★ 67 /100(60が平均) レビューサイト評価↑. こんにちわ。 最近は映画の感想がスラスラと出て来るようになりました。書くのが楽しいです。 そんで、『スポットライト世紀のスクープ』が面白かったので感想を残します。 スポットライト 世紀のスクープ スポットライト映画感想 (字幕版) 発売日: /09/07 メディア: Prime Video 本作、賞レースでも作品賞を取ったり. スポットライトの記事、そしてこの映画で 救われる 虐待被害者 サバイバーはたくさんいると思います。 一人の勇気が世界を変えるということ、チームスポットライト はヒーロー に違い ありません。.

映画『スポットライト php を観てきました~。今回はその感想です。まずは映. スポットライト映画感想 ,6点実話ベースなので、重い。映画として面白さよりも真面目さを追求した作品。,9点これこそ本来の新聞記者や弁護士の仕事という感じ。まったく地味だし. 映画『スポットライト 世紀のスクープ』のイラスト付き感想。ネタバレ有。神の名のもとに行われる子供へのいたずら。「いたずら」ってなんだ「いたずら」って!?貴様らのやっていることは虐待であり、犯罪であり、ひいては殺人でもあるんだよ!ふざけんなバカ野郎!. 「スポットライト」って面白いのかな?という人のために僕が観た感想・評価を書いています。感想「まあまあ面白かった。」評価 60点/100点満点中映画「スポットライト」は社会派で硬派な作品が好きな人向けの映画ですね。笑って楽しく映画を観たいって. スポットライト 世紀のスクープを見たユーザーからの映画の感想・レビュー・評判などクチコミ情報を掲載しています。.

映画『スポットライト 世紀のスクープ』の感想&レビューです。前半はネタバレなし、後半からネタバレありとなっています。原題:Spotlight製作国:アメリカ(年)日本公開日:年4月15日監督:トム・マッカーシー. 細やかで丁寧な映画の感想にふさわしくないなと思ったのもあります。 Tweet Nezshi 投稿: 投稿日: 年5月8日 年9月17日T23:29:49+00:00 初稿 年04月29日. エンターテインメント, スポットライト映画感想 映画/ドラマ, 洋画; USA; コメントを書く 「スポットライト 世紀のスクープ」(原題 Spotlight)の感想と評価(年アカデミー作品賞、監督賞他にノミネートされている作品ですが. というわけで『スポットライト 世紀のスクープ』を観終わった。 まず最初の感想として. スポットライト 世紀のスクープ()の映画情報。評価レビュー 3494件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:マーク・ラファロ 他。アメリカの新聞「The Boston Globe」の記者たちが、カトリック教会の醜聞を暴いた実話を基に描くスリリングな社会派ドラマ。カトリック系住民が多い. 5日のことですが、映画「スポットライト 世紀のスクープ」を鑑賞しました。 アメリカの新聞「The Boston Globe」 年 新たな編集長の指示の元 スポットライトチームは 彼らがこれまでうやむやにされてきた 神父による児童への性的虐待の真相について調査を開始する. 87人の被害者リストを作成した彼らは、一人ひとりに聞き込みを開始します。 虐待神父の身辺調査をしていたマットは、家族と暮らす家の近くに教会の精神療養施設があることに気づきます。 場所を確認してから、療養所には決して近づかないようにと子どもたちに警告したメモを、冷蔵庫に貼りつけました。 その後マットは、最近眠れなくてホラー小説を書いていると、サーシャに打ち明けるのでした。 マクリーシュの元へ向かったロビーとサーシャは、調べ上げた神父のリストを見せて、何人示談にしてきたのかと詰め寄ります。 児童虐待で儲ける弁護士の記事を書いてもいいのかと脅すと、マクリーシュは意外なことを言いました。彼はポーター事件の後、ボストンで発覚した20人の虐待神父のリストを送ったというのです。 ロビーは身に覚えがないと言いますが、マクリーシュは社内を調べてみろと告げて去って行きました。 その後マクリーシュは、これまで示談にした45人の虐待神父のリストを送ってきます。 それを元に、マーティとスポットライトチームはこれからの方針を話し合います。 マーティは神父の名前を掲示しても、以前と同じように騒がれて終わるだけだと話します。そのため、個人ではなく教会の隠蔽システムを暴くように指示するのでした。 マイクが自宅でサイプの電話インタビューをしていると、ベンが差し入れを持って訪ねてきました。 マイクはサヴィアノが5年前に送ったという資料を、誰が受け取ったのかとベンに尋ねます。ベンは知らないと答えますが、マイクはなぜ興味を持たなかったのかと続けます。 ベンはサヴィアノが迷惑な男だからだと答えて、足早に去って行きました。 聞き込み調査を続けていたサーシャは、あるとき虐待行為をしていたパクィン神父の元を訪ねて、話を聞くことに成功します。 パクィン神父は「子どもにいたずらはしたけれどレイプではない」と言い切りました。そして、かつて自分も神父から性的虐待を受けていたのだと、あっけらかんと語るのでした。 サーシャが詳しい話を聞こうとすると、現れた彼の姉に制止され、追い払われてしまいました。 スポットライト映画感想 スポットライトチームは、着実に証拠を集め続けていました。 ガラベディアンと親しくなったマイクは、ボストン・グローブが開示を求めているゲーガン事件の証拠文書は、簡単に閲覧できないと告げられます。 法的に守られている資料であって. 1976年、マサチューセッツ州ボストン。 ボストン警察第11分署に、ジョン・ゲーガン神父が子どもに性的虐待を加えたとの報告が入ります。警官たちは事件が裁判になることはないと話しています。 被害者の親子と一緒にいた司祭は、駆けつけた地方検事補にゲーガン神父を転属させるとだけ言って、警察署を去りました。 時代は変わって年。ウォルター・“ロビー”・ロビンソン(以下ロビー)は、ボストン最大の発行部数を誇る日刊紙「ボストン・グローブ」の「スポットライト」というチームを率いています。 スポットライトは一つの事件に対して一年間調査をおこなう部門で、彼らはここ数カ月それにふさわしいネタを探していました。 ある日、長年局長を務めていたスチュワートの退職祝いがおこなわれます。 新局長として迎えられたのが、マイアミからやってきたユダヤ系のマーティ・バロンです。 マーティは初回のミーティングで、インターネットの普及によって変化していく新聞業界に、新しい風を吹き込むべきだと主張します。 そして、ボストンではとうの昔に封印されたゲーガン事件(※)の再調査をスポットライトに要請しました。 (※ゲーガン神父が30年もの間、6つの教区で80人もの子どもに性的虐待を加えていたにも関わらず、無罪放免となった事件のこと) 地元紙でもこの問題を取り上げたのは小さなコラム2本だけで、マーティは何故事件を深く掘り下げないのかと言及します。 編集者たちが調査に前向きではなかったのは、ボストン・グローブ紙の読者の大部分がカトリック教徒だからです。また、街に根づいている教会の力をよく知っており、罪を暴き出すことも容易ではありませんでした。 そのためマーティは、裁判所にゲーガン事件の証拠文書の開示を求めて、ある弁護士を探し出していました。 それが弁護士のミッチェル・ガラベディアンです。ボストン教区の大司教であるバーナード・ロウ枢機卿を訴えたという彼を、スポットライトに取材するよう依頼します。 ガラベディアンは相当な変わり者とウワサされており、変人の扱いを得意とするマイク・レゼンデスが請け負うことになりました。 さっそくガラベディアンの事務所に来訪したマイクは、彼が起こした訴訟の詳細を聞きたいと伝えます。 しかし、ガラベディアンは取材を拒否し、マイクを追い返そうとします。彼曰く教会に脅迫されており、いつ弁護.

スポットライト映画感想 そして今作も、日本の映画業界の興行収入だけにスポットライトを当てたアホな人たちによって、観客によっては「予想してたよりちょっと・・・」と思ってしまう人もいるであろう、邦題の犠牲となった傑作の1つですが。。。 さて、感想です。. 「スポットライト 世紀のスクープ」はローマ・カトリック教会の聖職者による児童への性的虐待事件を暴いた新聞記者たちの実話です。 「ボストン・グローブ」はボストンで最大の発行部数を誇る伝統ある新聞社で、そこの歴史ある報道班「スポットライト」チームの活躍を中心に描かれています。 「スポットライト 世紀のスクープ」は世界的な評価も高く、見事年のアカデミー作品賞を受賞。 作品賞を獲ったことに初めは、うーんと首を傾げたくなりましたが、この事件に歴史的なスポットライトを当てるためにも作品賞を取るに相応しかったと考えを改めました。なぜならこの問題は現在進行形であり、後世の為にも忘れてはならない事件だからですね。 映画としてはTVドラマのようだなあという感想ですが、物語はサクサクと進むし、スリリングな展開で飽きさせません!次々と暴かれる真実にビックリ仰天で、観客も記者たちと共に謎解きゲームに参加している感覚になります。面白いか?と問われれば、かなり面白いと思います。 社会派ドラマだけどコメディチックで、重すぎない描き方は大変良かったです。事件としてはもちろん深刻です。世紀のスキャンダルとして世界中に騒動が広がりましたので。 またマイケル・キートンはじめ、スポットライトチームの個性も良く出ていて各キャラの魅力も楽しめます。個人的にはマーク・ラファロがツボでした笑。ちょっとアホっぽさがあり可愛いです。レイチェル・マクアダムスは言わずもがなキュートですね。ジャケットが似合うなと思いました。 それにしてもこの事件、スポットライトチームの活躍は勿論ですが、編集長のバロンさんの功績も大きかったと思います。彼がはじめにゲーガン事件を調査しろとアドバイスしています。 マイケル・キートン演じたウォルター・ロビンソンなんて過去の自分が書いた記事を忘れてましたからね笑。それだけ人々がスルーしていた事件だったんですね。 さて、ここからはそんな「スポットライト 世紀のスクープ」で描かれた事件の背景を解説(ネタバレ)したいと思います。 スポンサーリンク. マイクが苦労の末手に入れた証拠文書から、被害者の母親がロウ枢機卿に宛てた手紙が出てきました。 被害者家族は敬虔なカトリック教徒で、7人の息子がゲーガン神父から虐待を受けたといいます。母親は教会を守るために沈黙してきたものの、ゲーガン神父がまだ教区にいることがたまらなく苦痛だと記していました。 ロウ枢機卿は被害者家族に返事を書いており、これによって彼がゲーガン神父の問題を知りながら隠蔽に走っていたという、決定的な証拠を掴むことができたのです。 マイクはすぐに記事にするように意見しますが、ロビーはしばらく待つように指示しました。 87人の神父たちの蛮行がまだ証明されておらず、手紙を公開してもロウ枢機卿が謝罪して終わるだけと告げるのです。 マイクは納得がいかず、情報が漏洩してほかの新聞社に先を越されたり、また教会に隠蔽されてしまうことを懸念します。 さらに、ガラベディアンの事務所で被害を受けた子どもを見てきたマイクは「今も子どもたちが狙われている、今記事にしなければならない!」と猛抗議します。 それでもロビーの考えは変わりませんでした。一人の神父ではなく教会そのものを摘発しなければ再発は防げないと、マイクを諭します。 その夜、サーシャの家にマイクが訪ねてきました。 サーシャの祖母は敬虔なカトリック教徒で、一緒に教会へ行くのが習慣でした。しかし、彼女は事件の調査を重ねていくうちに、教会へ行けなくなったと漏らします。 クリスマスの日、ロビーはジムの家を訪ねました。 ジムに虐待神父のリストを差し出して、教会からの確認が取れなければ記事にできないと伝えました。 ジムは絶句しますが、ロビーは自分たちが生まれ育った街の問題を放置してきた責任を果たさなければならないと訴えます。ジムは弁護士としての仕事をしただけだと言って、ロビーを追い返しました。 ところが、ジムは帰ろうとするロビーを呼び止めます。リストに記載された神父の名前に大きく丸をつけて、ロビーに渡すのでした。 事件の記事を掲載した新聞の発刊を間近に控えたある日、マーティとスポットライトチームは最終ミーティングをおこないます。 マイクたちは事件の隠蔽に加担してきた弁護士を非難しますが、ロビーはそれを制しました。 5年前にサヴィアノから送られてきた情報に目もくれなかったことを例に出して、「我々も今まで何もしなかった」と発言しま. 映画『スポットライト 世紀のスクープ』のあらすじをご紹介します。 1976年、ボストン11分署にジョン・ゲーガン神父に性的虐待をされた被害者からの通報が入りますが、司祭によって事件にはなりませんでした。. スポットライト班は、事件の裏付けをして記事を上げるべく、奮闘するのだった。 『スポットライト 世紀のスクープ』は、ドキュメンタリーチックすぎる映画だった. カトリック教会はローマ教皇をトップに世界で12億人以上も信徒がいるキリスト教最大の教派。アメリカのカトリック信者は約22%(約7000万人)。アメリカはプロテスタントの方が多いです。 カトリックは歴史が長いのでピラミッド的な階級と独特な教義や儀式があるのが特徴。そのひとつが神父は基本的に独身に限られるということ。生涯独身です。これが大きな問題です。 映画では性的虐待者は司祭全体の6%で、ボストンの場合1500人の神父の6%で90人と推測し、スポットライトチームの調査の結果87人の証拠を挙げています。全体の6%という数字には統計学的な信頼があるのです。心理療法士のサイプはこの問題を精神医学的現象と呼んでいます。 しかも問題を起こした神父は他の教区に転属しただけなので、被害者は膨大な数に昇りました。カトリックの組織的隠蔽システムが長年この問題を隠し続けていました。スポットライトチームは個々の神父にではなく、まさにこのシステム全体に光を当てたのです。. 『スポットライト 世紀のスクープ』をあらすじ・感想・考察をネタバレ形式で解説。アメリカの新聞紙ボストン・グローブがカトリック神父による児童への性的虐待について暴いていく実話を描いた作品。.

年アメリカ映画(原題:Spotlight)。 第88回アカデミー賞作品賞と脚本賞を受賞!アメリカの新聞「The Boston Globe」の記者たちが、カトリック教会の醜聞を暴いた実話を基に描くスリリングな社会派ドラマ。「扉をたたく人」のトム・マッカーシー監督、出演マイケル・キートン、マーク・ラファロ、レイチェル・マクアダムス、リーヴ・シュレイバー、ジョン・スラッテリー、ブライアン・ダーシー・ジェームズ、スタンリー・トゥッチ。. スポットライト 世紀のスクープ。ABCDさんの映画レビュー(感想・評価)。評価4. 「スポットライト 世紀のスクープ」のクチコミ・レビュー一覧。映画のクチコミやレビューならぴあ映画生活で!. See full list on hm-hm. アカデミー賞作品賞に輝いた映画『スポットライト 世紀のスクープ』。教会が関係するスキャンダルを暴いた新聞記者チームの姿を描いた実話の映画化です。あらすじやキャスト、彼らのその後と現在、作品の見どころポイントなどレビューしたいと思います。 7。みんなの映画を見た感想. こんにちは、やのひろです。 今年のアカデミー賞作品賞「スポットライト」見てきました。 アカデミー賞の授賞式は生放送で見てました。 「今年の授賞式は映画作りに沿って行います。まず脚本賞」 でスポットライトが脚本賞を受賞し、 その後はマッドマックスV8達成か?に盛り上がって. 映画スポットライトを観てきました。日本にもジャーナリズムがあったらよかったのに。素晴らしかったです。 — まのこ スポットライト世紀のスクープ @八丁座 報道とは、新聞とは、真実とは、正義とは何たるか。一瞬はさまれた. アカデミー作品賞受賞も納得・映画『スポットライト 世紀のスクープ』感想(ほぼネタバレなし).

スポットライト 世紀のスクープの映画レビュー・感想・評価一覧。映画レビュー全325件。評価3. 『スポットライト 世紀のスクープ』は年の映画。『スポットライト 世紀のスクープ』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映. ネタバレ感想『スポットライト 世紀のスクープ』考察や評価レビュー.